環境王国 島根県吉賀町(よしかちょう)

暮らしの知恵と自給的暮らしを実践する
有機農業と水源のまち

中国山地のど真ん中で、町の92%を占める豊かな森林は、水質日本一になった「高津川」の水を育みながら、温泉施設「ゆらら」と「はとの湯」で木質バイオマスの燃料にも利用されています。「有機農業と水源のまち」の名のとおり清流高津川の水源地「大蛇が池」では雨乞い神事が行われるなど「高津川」は暮らしに密着しています。

清流の恵みを生かした「有機農業」は、「命」を育む営みとして1980年頃から始まり、代々伝えられてきた「暮らしの知恵」の継承と「自給的暮らし」の実現を目指しながら町全体に広がりを見せています。

島根県吉賀町 町長 岩本一巳

島根県吉賀町 町長

岩本一巳

環境王国としての
取り組み

有機農業の推進:有機農業は、環境破壊や生命破壊を伴わない生産方式として提唱され、当町では1980年頃から取り組みが始まっています。技術研修会や有機農業塾等を通し、新規参入者に対する助言・指導も行っています。

普及啓発・交流活動:交流情報誌の発行、啓発パンフレットの配布、啓発講演会の開催、田んぼの生き物調査の実施など。

吉賀町の
特産・名産品など

島根県吉賀町への
アクセス

電車(JR)の場合
JR山陽新幹線「広島」駅からバスで1時間50分

自家用車の場合
JR山陽新幹線「新岩国」駅から車で50分

飛行機の場合
萩・石見空港から車で70分
岩国錦帯橋空港から車で70分

吉賀町