環境王国 石川県小松市(こまつし)

「北陸の際立ったまち」を標榜する
水と緑の豊かなまち

小松市は石川県の西南部、加賀平野の中心、日本海と霊峰白山に囲まれた水と緑の豊かなまちです。250年の歴史を誇る「曳山子供歌舞伎」や、開湯1300年の「粟津温泉」、旅行ガイドのミシュランで一つ星を獲得した「那谷寺」など全国に誇る資源がたくさんあります。面積の約7割を占める里山奥山には、日本一小さいハッチョウトンボなどの希少生物が数多く生息しています。里山の豊かな清流で育ったコシヒカリ「蛍米」や北陸三県一の生産量を誇る「小松とまと」、芭蕉も称賛したとされる「小松うどん」、県内最大の生産量を誇る大麦などの食材も魅力のひとつで、それらの特産物や、規格外農産物を利用した6次産業化商品の開発も推進しています。

空港を有し、国際交流都市である本市は、「歌舞伎のまち」「科学と交流」「乗りもののまち」「珠玉と石の文化」「環境王国こまつ」の5つのテーマを掲げ、北陸の際立ったまちを目指します。

石川県小松市 市長 和田愼司

石川県小松市 市長

和田愼司

環境王国としての
取り組み

小松市には、農作物・希少生物・木材・石材などの里山資源をはじめ、伝統を担う職人や技術者、九谷焼など独自の文化があり、すべてこの土地の誇りです。この素晴らしい地域資源を農林水産業、新産業、教育、文化発展に活かして交流拡大や地域振興に繋げるとともに、後世に引き継ぐことを目指しています。

現在まで、里山資源をはじめ産業や伝統、文化が今もなお受け継がれているのは、それを〝繋ぐ〟ことに尽力する人々や「ものづくり」の魂が染み込んだ小松の風土が後押しをしているためです。これからも、豊かな地域資源や自然環境、伝統と技術、それを受け継ぐ人々を〝オールこまつ〟で保全し、未来に受け継いでいきます。

小松市の
特産・名産品など

石川県小松市への
アクセス

電車(JR)の場合
JR北陸本線小松駅
(大阪から約2時間30分、東京から約3時間)

自家用車の場合
北陸自動車道小松I.C.
大阪から約3時間半

飛行機の場合
小松空港(東京から約1時間、
札幌から約1時間半、那覇から約2時間)

小松市