環境王国 群馬県川場村(かわばむら)

武尊山の南麓に広がる、
自然豊かな農山村

川場村(かわばむら)は群馬県の北東部、武尊山の南麓に広がる、自然豊かな農山村です。総面積85.25平方kmのうち約83%を山林で占め、薄根川、桜川、溝又川、田沢川の4つの1級河川が流れます。村名も川の多いところに由来するといわれています。山すそに広がる田園の風景は、「日本のふるさと」そのもの。四季折々に風光明媚な森と川と田んぼの広がる緑豊かな田園理想郷です。年平均気温11度で夏は涼しく、さまざまな高原野菜や果物が採れ、農業が盛んです。武尊山から湧き出る天然水で育てたブランド米「雪ほたか」は、おいしい米として知られています。冬は山岳地帯では最大2~3mの雪が積もり、ウインタースポーツが盛んです。村の人口は約3,300人ですが、人気の道の駅「川場田園プラザ」や川場スキー場、のどかな田園風景などがあり、年間約200万人の観光客を集めています。

群馬県川場村 村長 外山京太郎

群馬県川場村 村長

外山京太郎

環境王国としての
取り組み

美しい田園風景を100年先、200年先も残していきたい。先人が残したこの景観を地域、住民が一体となり、田畑の機能維持、環境保全活動を通じて、守っていきます。武尊山(ほたかやま)の雪解け水、ホタル飛び交う幻想的な夜など環境王国に相応しい地域の財産は、村の誇りです。また、森林資源が豊富な川場村では、木材の有効活用、森林セラピーなどを通じ、山々を整備していくことで、自然との共生を図りたいと思います。

川場村の
特産・名産品など

群馬県川場村への
アクセス

電車(JR)の場合
JR上越線「沼田」駅からバスで30分

新幹線(JR)の場合
JR上越新幹線「上毛高原」駅からタクシーで30分

自家用車の場合
関越自動車道「沼田」I.C.より10分

川場村